価値ある情報の販売・決済支援のポータルサイト 副業出版
人気ブログランキング応援ポチッとお願いします お越しくださり、ありがとう御座います

驚くべき光熱費いったい幾ら

完成し竣工後1年を迎えたオール電化住宅にお伺いした私が、お施主さんから聞いた年間の光熱費は。なな、なんと(間平ちゃん口調で)たったの4万円ほどだと言うのです

私は自分の耳を疑い、対でお施主さんの頭を疑いました(お施主さん、すいません)しかし関西電力のメーター検針記録を見れてもらい、紛れも無い事実を目の当たりにし、それでも信じられないでいました

一般的に、平均的な4人家族の場合で1年間にかかる光熱費は、約24万円(ガス+電気で)と言われています。ですから、それに比べて約1/6の計算です、驚きはしましたが、実は今回のオール電化住宅にはちょっとした秘密がありました

それは火事を出し如何してもガスを使うのが嫌で、仕方なくオール電化にするのではなくここのお施主さんは、某大手の電機メーカーのお勤めでランニングコストが低く抑えられるを知っておられたのです

会社で仕事に携わる傍ら御自分で細かくシミュレーションして居られたのです、太陽光発電のパネルの発電量や寿命などを熟知し何年で元が取れるのか、とか床暖房は熱線式か温水式かそれとも蓄熱式にするのかどれが良いか

更には普通の電気温水器とエコキュートとの電気使用量の差や使い勝っての違いなど事細かに建築時に掛かる余分な初期費用と月々のランニングコストを比較して居られました

私は工務店を通じ、使う設備や機器は支持されるまま施工を請負、工事をしただけですが。お施主さんは初めから17〜18年で元が取れると考え導入を決断されてたようです、しかし1年の統計を取り、更に短い期間で元がとれるかも、と、再計算されてました

今、地球資源はどんどんカウントダウンが進み、このままでは資源の枯渇もすぐそこまで来ていると言われています。日本のメーカーはシャープやサンヨウなど太陽光発電の技術で高い技術力を持ってます、これからの建築業者や設備業者もより高い知識と技術が要求される時代へ進むのか

そんな思いをさせられ、思わず身震いをした。そんなお話でした。それでは


[サイトPR]
オール電化のメリット・デメリット
オール電化の電気代
オール電化住宅へのリフォーム
オール電化と太陽光発電
太陽光発電
太陽光発電とシャープ
ソーラーエネルギーは自然エネルギー住宅用太陽光発電システムモニター用ユニット「エコガイドTV」 人気ブログランキングへ
人気ブログランキング応援お願いします
posted by sk2126 at 18:58 | 仕事のお話

WEBで収入と創作を加速させる方法!3つのコンテンツ制作法』
価値ある情報の販売・決済支援のポータルサイト 副業出版
住まい&暮らしの情報
Add to Google Yahoo!ブックマークに登録
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。