価値ある情報の販売・決済支援のポータルサイト 副業出版
人気ブログランキング応援ポチッとお願いします お越しくださり、ありがとう御座います

「米国初の洋上風力発電」:反対運動で難航

米内務長官のKen Salazar氏は4月28日(米国時間)
米国初の洋上風力発電プロジェクトに対して
内務省の認可が下りたと発表した

『Cape Wind』と呼ばれるこの洋上ウィンドファーム・プロジェクトは
ケープコッド、ナンタケット島、マーサズ・ビニヤード島に
挟まれたナンタケット海峡に計画されているが

地元からは反対の声が上がっている

こうした反対の声を考慮し、同プロジェクトの規模は若干
縮小される予定だが、それでも最大出力で450メガワット以上と
かなりの規模を維持した

海上では陸上よりも継続して安定的に風力が発生する傾向があるので
洋上風力発電施設は一般的に、近隣に位置する陸上の施設よりも
発電量が大きい

米国の東海岸沿岸では、主要都市に非常に近い地域に
莫大な風力資源がある。こうした可能性があるにもかかわらず
米国は洋上風力発電の開発に関して、他の国々に大きく遅れをとってきた

洋上風力発電に関連する技術や知識は進歩しているのにもかかわらず
[洋上風力発電はデンマークや英国を中心に、欧州全域で広まっている

英国政府は、2020年までに33GWの洋上風力発電を目標にしており
現在は336基の風力タービンから構成される
11ヶ所の洋上風力発電所が稼動

1GW以上の設置容量となっている(70万世帯に電力を供給できる能力)]
Cape Windについては、さまざまな反対運動があった

例えば、豊かな地主層は、このプロジェクトが景観を壊すとして
反対した。地元の漁民は、漁に悪影響があるとして反対した
ネイティブ・アメリカンの部族も、宗教的な儀式に悪影響があるとして反対した

内務省は、タービンの総数を4分の1程度縮小し、景観にもあまり
影響がないようデザインを変更した。しかし、今回の認可に対して
反対運動団体のひとつが訴訟を行なうのはほとんど確実とされており

建設が実際に行なわれるかどうかはわからない。Cape Windをめぐる
議論は、再生可能エネルギーのプロジェクトに関する残念な傾向を
浮き彫りにしている

獲得される再生エネルギーは、その大部分が低密度だ。風力や太陽
エネルギー等の施設は、実用可能な程度にまで十分な量を確保する
ためには大規模にならざるを得ない。つまり多くの場合、未開発の
自然な風景の一部に、物理的にかなり大きな施設を設置するという
ことになってしまう

その結果、化石燃料の使用による影響を低減するといった最終的な
目的に対しては支持するであろう多くのグループが、結局反対に
回ってしまう

その結果、洋上風力発電や太陽光集光システムなどの有望な技術が
訴訟の対象になるのだ。<WIRED NEWS>

大規模風力発電設備が環境保護団体の訴訟の対象になるという問題は
化石燃料による単一エネルギーの集中利用の弊害が元になっている

風力や太陽光などのエネルギー密度は低く、そのため大きな
エネルギーを得るためにはその分大規模な設備が必要になる

ここで問題となるのは、大きなエネルギーを一つの場所で同じ
エネルギー源で得ようとする考え方である

商業主義と化し、より多くの富をエネルギーがから得ようとする
考え方が、大規模化へとつながり、環境破壊へとつながる

この世の中、商業主義を排除して物事を進めるのは非常に難しい
こともあるが、行き過ぎた利益追求は問題を引き起こす
特にエネルギー供給のような公共設備のものはある程度の
コントロールが必要なのではないだろうか?

大規模の発電所から小規模の分散型電源による社会が
今後のあり方だと考える


人気ブログランキングへ
人気ブログランキング応援お願いします
posted by sk2126 at 19:27 | 現場以外のお話

からすの勝手でしょう

みなさんこんにちは  今回のお話は怖いカラスのお話です。

 

あるお宅へ電気工事を行いにいった時のお話です、3時の一服にコーヒーを頂きながら

そのお宅の奥さんと世間話をしてましたら、「しょうちゃん最後に時間が余ればで良いので屋根の上の登り瓦を見てくれへやろか」と言われ、ぼくは十分時間はあるし車には

常に梯子を積んでいるので「かまいませんよ」と承諾しました。ただ専門的な事までは分かりませんよと言いと奥さんは「ちがうのよ」と、以前にゴミを荒らすカラスの被害がきついので

ゴミ置き場にネットを張ったが、かしこいカラスはそんな事では諦めずちらかし方が余計に酷くなり、しかた無く毎朝ホウキを片手に何日もカラスを叩いて戦ったと言われました

いさましですね〜などとふんふん聞いていると「そしたらしょうちゃんどうなったと思う」と散々追い払われたカラスはある日を境にゴミ置き場には全然近寄らなくはなったのですが、電柱の一番上の所に止まりじっと奥さんを見下ろして見ていたそうです。

さらに何日かしたある日、いきなり目の前に石が頭の上から落ちてきたそうです、奥さんがすぐに上を見たらあのカラスです電柱の一番上に止まり見下ろしていたそうです。

それからは石だけでなく柿や松ぼっくりなど色々な物を散々落とされたそうです、そしてカラスは自身がやられた日数分だけやり返し何所かに行きました、一度などトカゲが降ってきたらしくその時は本当にマイッタと思われたそうです。

ぼくは話を聞き、たしかにカラスは知能指数が高いと聞きますしねと労わりの言葉をかけ、なるほど屋根の状態を見てほしいのは、そうゆう事情ですねと承諾しました。

しかしカラスの被害は相変わらずで何所の地域もネットでは防げず、道路の広い地域は鉄の網籠のような物が置かれてますが、道路が狭く置けない所は今でもネットを架け

るだけで、毎日イタチごっこを繰り返されてます、何か根本的な解決策があれば良いのですが、自然破壊をする人間が悪いのでしょうかね。

それでは。

 

 

 

人気ブログランキングへ
人気ブログランキング応援お願いします
posted by sk2126 at 17:35 | 現場以外のお話

車の中での過ごし方2

みなさんこんにちは 今日のお話は車の話のつづきです

 

工事現場では、8割ほどの職人さんがお弁当持参か或は、コンビニ等で買って来て

お昼ごはんを食べます。昔から弁当持参での現場仕事は、職人さんにとっては

基本スタイルです、現場の中で食べる事が多いですが、冬場の寒い時期は、

 

各自車の中で暖を取りながら食べます、常に車でお昼を過ごす方もおられます。

常に車で過ごす方は、車の中も凝っていて、様々なアイテムを装備されてます、例えば

テレビや冷温庫はもとより、レンジや電気湯沸器、携帯ミニコンロや電熱器などです。

 

簡易単な調味料やインスタントのコーヒー、紅茶、昼寝のためのグッズなど、

仕事以外の道具や備品を、オールシーズン対応で、装備して積んでる方もいます。

勿論そのような方の車は大きな車です。

 

又事務用品を装備してる方もいました、その人はファクスとノートPCとスキャナーを

常に車に積んで居られ、昼の休憩時間や仕事の合間に事務仕事もこなされてました。

 

車も立派な道具の一つで、ここまで来るとちょっとしたキャンピングカーです、実際車で

寝泊りする方もいますし、ぼくも遠い現場や何日か同じ現場に入る時、車で寝泊りした

事があります、ただぼくの車は軽ですので、あくる日は辛いですけどね。

 

そんな感じで現場でのお昼をすごします、もちろんお店にお昼ご飯を食べに行く人や

近くの人だと自分の家に帰る人、自分の会社に帰る人、お昼を食べずに早く終わらせ

帰る人、など工事現場によって様々です。

 

それでは

 

 

 

人気ブログランキングへ
人気ブログランキング応援お願いします
posted by sk2126 at 07:00 | 現場以外のお話

WEBで収入と創作を加速させる方法!3つのコンテンツ制作法』
価値ある情報の販売・決済支援のポータルサイト 副業出版
住まい&暮らしの情報
Add to Google Yahoo!ブックマークに登録
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。