価値ある情報の販売・決済支援のポータルサイト 副業出版
人気ブログランキング応援ポチッとお願いします お越しくださり、ありがとう御座います

電工日記5

みなさんこんには またまた怪我や事故の話ですパート2
今回は電気屋ならではの怪我を書きます それはずばり
感電です これは電気屋の職人をしてる人で 感電したこと無い
なんて人はいないです

絶対付いて回ることなんです ですから割と慣れてくると平気で
生きた線(電気が流れている状態)を素手でも触ります

ここで電気の豆知識ですが

家庭用の電気の電圧は100V(ボルト)と200Vが有り小規模の
工場や店舗に動力200Vと3種類の低圧電圧があります
これがぼくたちが扱う電気の種類なんですが

これが まともに触れば痙攣を起こしたようにビリビリビリときます
へたをすると心臓の弱い人やお年寄りなどであれば 非常に
危険です 成人者でも電気が心臓を通ると危険だし 電気に
架かったあと 動悸が激しくつづきます

しかしぼくたち電気屋は案外平気なのですなぜか それは
感電しても電気の触り方を知ってるからだと思います
それと やはりなれだと思います ただこれは低圧の電圧だけです
高圧電圧では それこそ大怪我しますし命に関わります

そろそろお正月ですが 凧揚げなどで電柱の電線に引っかった
時などは 自分で取ろうなどとはせず
電力会社に言ってください

それでは 人気ブログランキングへ
人気ブログランキング応援お願いします
posted by sk2126 at 19:30 | 仕事のお話

電工日記4

みなさんこんにちは しょうちゃんです今日は現場でぼくたちが日ごろ
気をつけていることをお話します まずはなんと言っても事故・怪我
です ぼくは入りたてのころ親方にまず一番に言われたのが
怪我は自分持ちやで とゆう言葉です

ぼくたち職人業の親方に雇われている人達の 給料形態は 日給月給
(にっきゅうげっきゅう)といい 日給*日数=月給なんです だから
怪我をして休めば それだけその月の手取りが減ります 又雇用形態も
個人契約となるため 保険なども自分持ちです

それに現場はやはり危険がおおいので 大きな怪我をされるかたも
折られます 場合によっては再起不能や最悪のケースもありますし
そのような場合現場自体が事故現場になり 工事がストップします
大手元請がもっとも嫌い その後仕事をさしてもらえなくなることも
あります

それから物を壊すような事故 これも気を使います 特に仕上げ段階に入ると
扱う物が材料から商品へと変わっていきます 建築現場で扱う商品の中には高額な物も多く壊すと大変ですし 建物にも傷をつけてしまいますので
特に若い新人などは緊張もするし 親方連中も注意します

ぼくが働き始めたころはまだまだ昔気質が残る親方や職人の世界で
人の怪我や事故より 商品や建物への傷或は道具に注意がなされてましたが
今わ人への配慮が多くなってます 特に事故には売るさくなってます

ぼく自身は大きな怪我は無く今まで来てますが 商品の事故は
けっこう多く高い物では 80万程するシャンデリアを 落としたり
10万円相当の工事費が発生するような 建物への事故など
経験してます 

こんな事かくとこれを読んでいる方は ええ そんなことしたら工事代
赤字ちゃうのん と思われるでしょうが小さな事故は現場に付き物で
そのための保険を現場ごとや 格お店ごとに入っています

同じ電気屋仲間で 屋根の上でアンテナ工事をしていて 道具を落と

下に止まっていた車にぶつけた方がいました 勿論保険には入って
おられましたが ぶつけた車がベンツでこわい系の方だったようで
謝りに行くのが大変だったようです 
怪我や事故は起こらないのに越したことが良いのですがなかなです

それでは
人気ブログランキングへ
人気ブログランキング応援お願いします
posted by sk2126 at 19:01 | 仕事のお話

電工日記3

みなさん今日は前回電気屋さんとしてよく間違われることを
書きましたが工事主体と家電販売主体の電気屋さんがいるとゆうことです


そして 同じ工事主体でもう一つ間違われる 電気屋さんがいます
厳密に言えば電気屋さんではないですが 電力会社の工事部門の職人さんです
よく電柱に登ったり バケット車で高い所の電線や部品を交換したり
点検したりされてる方達です


たださすがに電力会社の方たちは 統一されたおなじ服にヘルメット
胸には会社のロゴで統一されてますので
工事や人として間違われることは無いのですが
電気料金や公共の街灯などのことで聞かれたりします


あながち間違いではないのです お客さんの要望を聞き
電力会社に伝える窓口として 活動したりもします
でも 間違われる方は僕たちに言えば 僕たちが料金設定や
工事のやり直しなどをすると思われている方もいるのです


まあ このような場合は説明すればすぐに分かってもらえるので
前回のように 困ることは無いのですが 実はこういった事が
詐欺などの口実に使われたりしています
この事はいずれ詳しく書いて行きたいと思います


さて 間違われる事を書いてきましたがこれは現場の中の工事とは
いささか 関係の無い話でしたが 次回からは
現場の話をして行きたいと思います
それでは 人気ブログランキングへ
人気ブログランキング応援お願いします
posted by sk2126 at 10:29 | 仕事のお話

WEBで収入と創作を加速させる方法!3つのコンテンツ制作法』
価値ある情報の販売・決済支援のポータルサイト 副業出版
住まい&暮らしの情報
Add to Google Yahoo!ブックマークに登録
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。