価値ある情報の販売・決済支援のポータルサイト 副業出版
人気ブログランキング応援ポチッとお願いします お越しくださり、ありがとう御座います

27歳電気工事士

皆様の、出勤と退勤の時間とお休みの頻度の平均を教えて
頂けないでしょうか? よろしくお願いします

----------------

8時から現場で、大体5時半位まで直行直帰なので
時期にもよりますが、忙しいと2、3ヶ月休みなしとかざらにあります

一人で現場おさめてるのに給料安すぎ絶対やめて
もっとくれる会社にいってやる



メッセージありがとうございます
ちなみにタカ坊さんの仕事は日給制ですか?

その辞めたいと思われるのは、仕事量と給与が割りに合わないからですか?
いろいろと質問ばかりで申し訳ございません
よろしくお願いします


割に合わないですねぇ

自分は新築マンションを2棟一人でやってますが、どんだけやろうが
一日9000にその他、交通費に勤続手当などを足して、30日働いて
やっと総額30万位です

しかも毎日自分の現場に行ってる訳じゃなく、会社の人の別現場に
応援に行く事もあります。だから会社的にはあまり人数かかってない
現場だから儲けてるはずなんですよね

せめて一日1万2000は欲しいですよね
そこらのバイト君と変わらない給料とかなくないですか?

1月で5年なんで交渉しますけど、やってる事に対しては
評価してほしいですね



リアルな状況は掴みづらいですが、監督的存在と思われますね
交渉がうまくいくと良いですね

会社によると思われますが、退勤時間が例えば18時だとしても
普通に22時過ぎに帰ると言う事はあるのでしょうか?


タグ:電気工事士
人気ブログランキングへ
人気ブログランキング応援お願いします
posted by sk2126 at 13:13 | 仕事のお話

建築基準法の見直しに関する検討会の設置

国土交通省では、建築基準法の制度の見直しについて引き続き検討をを進めるため、有識者や実務者等から構成する「建築基準法の見直しに関する検討会」を設置することとし、第1回の会合を3月8日に開催すると発表しました


検討会の委員は、学識経験者をはじめ、建築・不動産関連団体の代表、法曹関係者などから構成し、同日発表されました

検討会は公開で行い、事前登録制として定員になり次第締切るとのことです。前原国土交通大臣は、建築基準法の見直しについて、先般の改正が建築着工の落ち込みの一因にもなったとの認識を示し

構造計算適合性判定制度の対象範囲や、建築審査期間、違反行為に対する厳罰化を中心に、議論を進めるとしています

11年度の通常国会の法案提出を視野に使いやすい制度の構築をめざす方針とのことです


編集後記

厚労省が毎年公表している人口動態統計。特に「不慮の事故死」の原因など、つぶさに見てみると、興味深い実体が浮かび上がる

先ず「交通事故」

これは、1995年以降、年々、減少している。この減少が、不慮の事故「全体」の死亡数減少を導いている

ただ、その中で、年々、増加傾向にあるのが「窒息」「転倒・転落」「溺死」。これらの年齢別死亡数は、もちろん高齢者が圧倒的に多い

だが、発生場所には異なる傾向がある

例えば「窒息」。「家庭」においては、年々、減少傾向にある。ということは、「家庭外」が増加しているということ

実際、「居住施設」での死亡数の年々の増加度合いが比較的大きい。高齢化の進行や施設への依存度アップは、確かに「居住施設」特に「病院」での死亡数増加の原因ではある

しかし、昨今いわれる医療・介護施設における環境悪化。その影響も、無いとはいえない


人気ブログランキングへ
人気ブログランキング応援お願いします
posted by sk2126 at 12:26 | 仕事のお話

原子力発電と太陽光発電

「原発受注競争、米で加速。30年ぶり政府保証、原子量規制委13計画を審査中」

2月17日の日本経済新聞に掲載された記事です

アメリカがエネルギー政策で方向転換しました。スリーマイル島の原発事故以降原子力離れが進んでいましたが30年ぶりに政府が推進します

スリーマイル島事故は、その後「チャイナ・シンドローム」といった言葉を作りました

原子力政策に乗り換えたからといって、チャイナ・シンドロームが消えたわけではありませんが、温暖化対策は、これでエネルギー対策に置き換えられていくことになるかもしれません。脱・石油ですね

原子力は、自然エネルギーだけではカバーしきれない需要を補うのに不可欠だと判断されたのでしょう


「北アフリカで太陽熱発電仏独、官民で連携。欧州向け、再生可能エネ基地に」

日本経済新聞2月20日に掲載されていた記事です

フランスとドイツが協力して、地中海沿岸の北アフリカに大規模な太陽エネルギーの発電所を建設する計画があります

有名なサハラ砂漠に太陽熱発電施設を設置し、ヨーロッパに電気を送ります

「地中海ソーラー計画」と名づけられています。計画規模は2020年までに2000万kWで、原子力発電所16基分という大規模なものです

不毛の地といわれた砂漠が、エネルギー源として見直されているのですね。砂漠で発電と言うことになれば、エネルギー事情は大分変わってきそうですね
人気ブログランキングへ
人気ブログランキング応援お願いします
posted by sk2126 at 16:10 | 仕事のお話

WEBで収入と創作を加速させる方法!3つのコンテンツ制作法』
価値ある情報の販売・決済支援のポータルサイト 副業出版
住まい&暮らしの情報
Add to Google Yahoo!ブックマークに登録
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。