価値ある情報の販売・決済支援のポータルサイト 副業出版
人気ブログランキング応援ポチッとお願いします お越しくださり、ありがとう御座います

8月末で1万戸を超えた200年住宅の認定戸数

こんにちは、電気屋しょうちゃんです。合い変えあらず不景気が続いてますが200年住宅の認定数1万戸超えは、少し希望が持てるでしょうか。電気屋も設備屋も元の建築が動いてくれないことには如何しようもありません

気になるニュースはここから

長期優良住宅、いわゆる200年住宅は、良質な住宅を長く使うことによって、産業廃棄物やCO2排出の削減につなげ、地球環境への負荷低減を図ることが狙い

住宅の超寿命化には、建築コストがかかることから、初期投資の負担を税制で軽減する。国土交通省が15日に公表した「長期優良住宅の普及の促進に関する法律に基づく長期優良住宅建築等計画の認定状況」によると、認定戸数が8月末で1万戸を超えたことが分かった

同法に基づく認定制度は今年6月4日から運用を開始しているが、8月末までの認定戸数の累計は1万1580戸にのぼった。内訳は、「一戸建ての住宅」が1万1359戸、「共同住宅等」が221戸

都道府県別の認定戸数をみると、「愛知県」がもっとも多く全体の1割を占める1169戸、以下、「埼玉県」883戸、「千葉県」752戸、「神奈川県」748戸、「兵庫県」669戸、「大阪府」655戸、「東京都」598戸、「静岡県」592戸と続く

長期優良住宅建築等計画の認定は、所管行政庁が行う。所管行政庁は、申請する住宅の建設地、規模・構造等により市町村長もしくは知事となるが、実際には、建設地の土木事務所等に認定申請書を提出することになる

認定されるには、劣化対策や耐震性、維持管理・更新の可能性、可変性、バリアフリー性、省エネルギー性などの項目ごとの認定基準を満たす必要があり、木造であっても基準を満たせば認定される

認定されると、最大可能控除額が600万円の住宅ローン減税を始め、登録免許税、不動産取得税、固定資産税などの税制上の優遇措置が、一般住宅に比べ有利な条件で受けられる

また、ローンを組まなくても減税の適用を受けられる特別税額控除も設けられている。減税の適用を受けるにためは、確定申告書に、登記事項証明書や請負契約書、住民票などとともに、長期優良住宅認定通知書を添付する必要がある
人気ブログランキングへ
人気ブログランキング応援お願いします
posted by sk2126 at 18:33 | 現場のお話

太陽光発電

太陽光の力を利用してクリーンなエネルギーを作る太陽光発電。日本政府は太陽光発電
普及率世界一をドイツから奪還する為に、こんな目標をかかげました

現在の設置率約1.9%を
2020年までに、10倍の19%に。
2040年までに、40倍の76%に。

実に持家住宅の7割以上が太陽光発電を設置する計算です。国の補助金制度も
2009年4月〜再開しました。しかし、内容は物足りない感じはします

2009年4月〜2010年2月末という補助金申請期間が決定していますが、その後がまだ確定していません


しかも、84,000件の申請受理の時点で締め切るのです


補助金の種類は実は3種類。
1、国からの補助金
2、都道府県からの補助金(でるとことでないとこがある)
3、市区町村からの補助金(各自治体によって予算がピンキリ)

住んでいる地域によって補助金額が何倍も違うんです。国全体の普及率を爆発的に増やす
にはこれでは厳しい感は否めないですねぇ


でもあれですね、大事なのはお子さん達の世代、未来の世代へどれだけ良い環境を残して
あげられるか!こういう気持ちが大事なんだと思います


特選ニュース

再生エネ普及策を具体化環境市場に拡大期待
9月12日号の週刊東洋経済に掲載されたニュースです。これは、中国のニュースです

中国では、今年になって2006年に施行された「再生可能エネルギー法」という法律の
改正が審議されました。この法律では、日本や欧米のように、風力や太陽光発電などで
起こした電気を全量買い取る方針が盛り込まれているのですが、実際には運用されて
いませんでした

そこで、再生可能エネルギーの普及に向けて、政府も資金を投入しようということが
示されたようです

2020年に、中国では再生可能エネルギーで発電能力を2008年比の13倍に拡大する
計画もあるそうで、中国の、エネルギー市場も大きく変わりそうだということです。中国は
今や世界の成長センターですから、この国でのエネルギー転換は影響が大きいですね

CO2もアメリカを抜いて世界一の排出量になっているようですし、GDPも今年中に日本
を抜いて世界2位になるのは確実と言われてます。中国の環境対策は世界の経済も刺激する
でしょう、きっと。特に最近の日本は中国頼みですし

ちょっといい話
9月12日(土) 日経新聞(朝刊)29面より

札幌ドームの「ひちょりシート」の売り上げの半分をあて
白樺やバット材となるアオダモの苗木を購入。

6月、有志を募り2004年の台風で倒木被害を受けた
支笏湖畔に3136本を植えた。

「たくさんお客さんが入れば1試合分で300本植えられる。
いいプレーを見せないとお客さんが来てくれないので
気持ちも入る。僕も頑張れて、お客さんも楽しめて森も増える。
一石三鳥ですかね。」

このような地道な活動を、プロ野球選手がすることで
社会へのPRに繋がります。

新庄選手が引退する時に、「後継者は森本」といっていた事が
今となれば理解できます。

実力に加えて、このような活動が出来る。
スター選手の証ですね。

あっぱれ 森本選手!!

タグ:太陽光発電
人気ブログランキングへ
人気ブログランキング応援お願いします
posted by sk2126 at 14:14 | 現場のお話

ゴミはゴミでも

みなさんこんにちは  今回は現場でのちょっとしたヒラメキのお話です。

 

とある現場でのお話です、いつものように電気工事をしておりますと、近所の人が    玄関から声をかけてこられました。

「すいません外においてある植木鉢は捨ててあるんですか」

先日工務店の社長が自宅で要らなくなった洋風の植木鉢を奥さんに処分するよう言われたらしく、一時現場に置きにこられた物でした。

ぼくは携帯電話で社長に連絡を取り要らない物なのかを確認しました。そして声をかけてこられた近所の方に、建築廃材と一緒に捨てる物であることを告げました。

するとぜひ譲っていただきたいと言われ、どうぞいくつでも持って行って下さいと持って帰ってもらいました、こちらとしてもゴミが減るので大歓迎です。

近年ゴミの処分代は結構高く付き、工事費用のコストにも影響します、そんな話をしていますと大工さんが、「そやしょうちゃん、いい事思いついたで」と言って簡単な箱と台をこれも

建築廃材で作りその中に中途半端な長さで使えない木材や節の多い材料などを入れ「ご自由にお持ち帰り下さい」と書いた札をぶら下げました。

ぼくは「なんぼなんでもあかんやろ」と大工さんに言いましたが大工さんはどうなるか  様子を見ようと言われました。

後日その現場へ行きその後の様子を聞くと、大成功で色々な物が喜ばれて持って帰ってもらえたと言われ、そのお蔭でゴミ処分費が2万円は浮いたと大工さんも喜ばれてました。「ヒントくれたんは、しょうちゃんやし、この浮いたお金でかいりに一杯いこか」と

これまたぼくにしてもゴチになりラッキーでした。その後次々に各現場でも同じように  建築廃材を籠に入れ自由に持って帰ってもらうようにして近所の方にも喜ばれ、現場を進めるにも良い環境が続きました。

それでは

 

 

 

人気ブログランキングへ
人気ブログランキング応援お願いします
posted by sk2126 at 20:12 | 現場のお話

WEBで収入と創作を加速させる方法!3つのコンテンツ制作法』
価値ある情報の販売・決済支援のポータルサイト 副業出版
住まい&暮らしの情報
Add to Google Yahoo!ブックマークに登録
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。