価値ある情報の販売・決済支援のポータルサイト 副業出版
人気ブログランキング応援ポチッとお願いします お越しくださり、ありがとう御座います

マンションで4

みなさんあけおめです 年を越しちゃいましたがつづきです

一瞬ひるみましたがしかし目の前の仕事をかたずないと帰れません
せっかくたまには早く帰ろうと思っていた矢先でしたが気を入れ直し
仕事に掛かります 張ってある天井や壁を何箇所か切り開けて

配線していきますしかし非常に時間がかかるし体も疲れます特に夜の
残業は昼間の疲れからペースダウンしていきます そのうちに現場に
いる他の人達もだんだん帰っていきます しょうちゃんまだやるの と

声をかけてくれる人もいて ここだけやっつけてしまうわ といい
先に帰る人達を見送りながら作業をすすめていきました そうこうする内
時間は10時を回り要約終わりを迎えました やれやれと思い掃除を

道具をかたずけていると 突然電気が切れたのです真っ暗です何も見えません

ぼくは大声をあげ おおい と叫びましたがだれも返事がありません
だれかが最後だと思い仮設をきり戸締りをして帰ったのです
やがて少し目がなれてきてうっすらと回りが見えてきたので仕方なく

部屋を出て仮設の電源を入れに行こうとしました 場所は11階です
仮設は1回の入り口の外ですが仕方ありません 出ないと帰れません
真っ暗で閉じ込められたまま朝を迎えるのは嫌なので仕方ありません

何とか下に降り内から仮設のゲートをはずし外に出て電源を入れ又
うえに上がり途中だった道具のかたずけをし帰りました

翌日仮設のゲートがはずされており何者か不審者が現場に入った模様
と元請から報告があり各自持場をチックするよう通達がありました
後日マンションが完成しその屋上で仕事をいただいた親方に
あれはぼくでした と事情を説明し2人で夕日を見ながら笑いあいました
その時の夕日がすごく綺麗で大変だったけど良い経験をした現場でした

それでは 人気ブログランキングへ
人気ブログランキング応援お願いします
posted by sk2126 at 00:00 | 現場のお話

マンションで3

みなさんこんにちは 今回も前回のつづきです

そうしたやりにくい状況の中 みな遅くまで残業したり朝早く来たり
各それぞれがんばっていました ぼくはとゆうと朝早くいこうにも
道路状況はダダ混みで朝6時に出ても3時間掛かるしまつで

朝より夜の残業を多くしそのうちで寝泊りし2日に1回帰るように
していました 無論そんな状況が長くつづく訳ではないので
今しばらくの我慢だと思いがんばってました

そんなある日ちょっとした事である部屋をやっていた大工さんに
おい電気屋じゃまや わしが帰った後やれや
とその部屋を追い出されました しかたなくその部屋をあと回しにし

つぎの部屋をまわりどんどん仕事をすすめながら時折のこしたその
部屋を見ながら時間はすぎていきました 

夕方6時ごろもうそろそろだろうと思い残した部屋にいくとまだその
大工さんはやっておられ部屋をのぞかず待ちました その内終わられ
やれやれ仕事が出来ると思い今日はこの部屋かたずけたら久しぶりに
早めに終わろうなんて思っていましたが

部屋に入った瞬間ぼくは氷ました やられたなんと壁も天井もみな
張られていたのです そうですその大工さんは
わしがかえったあと といったのは工事がすべて終わった後と
ゆうことだったのです

つづく 人気ブログランキングへ
人気ブログランキング応援お願いします
posted by sk2126 at 00:00 | 現場のお話

マンションで2

みなさんこんにちは 前回のつづきです

そのマンションは12階だての1階がテナントで3階から上が分譲の
1フロワー7件1件が4LDKのマンションでした6階部分まで
立ち上がっていた時です ある日の朝大きな地震に見舞われました

そうです あの阪神淡路大震災です 地震をうけて朝早い目に家を
出て現場に向かいました その現場は京都市内だったので
現場自体の被害はすくなく 朝早かったため怪我人もいなかったのですが

道路が込んでとゆうよりマヒした状態で動かずその日現場に着いたのは
昼を回りました 当然ぼくが仕事をもらっている親方さんもいそいで
現場に駆けつけ仕事に影響することはないか見て回り
被害を確認し元請さんに報告します

他の業者さんも同じですそして終わっている箇所っでやり直しを
する箇所や当分現場へ来るのに道路事情を考えると作業時間が著しく
短くならざるをえず 現場の進行が遅れるなどさまざまな問題が出てきました

勿論天災です誰も悪くは無いのですが費用が発生します契約の問題も
有りますただ被害が少なかった事でみな前向きに進めました
しかし ドンすればキュウす でこの後天災が人災に変わっていきます

まず神戸の被害がニュースで知らされ被害の大きさが伝わると電気
ガス・水道のいわゆるライフラインを確保するためさまざまな機関
から
ボランティアの要請が来て半強制で神戸に向かう人が出てきました
特にガスやさんは大阪ガスからの要請で現場をはなれざるをえない

人が続出しタダでさえ遅れた現場はさらに遅れていきました
そうした中まってられるかと工事を進める大工さんや左官さんが
ガス管が仕込まれていないのに天井や壁・床を仕上げていきその後を
また壊して仕込みをするとゆう悪循環がでてきました

そうなると現場の雰囲気も悪くなり みながギスギスしていきました

つづく
人気ブログランキングへ
人気ブログランキング応援お願いします
posted by sk2126 at 00:00 | 現場のお話

WEBで収入と創作を加速させる方法!3つのコンテンツ制作法』
価値ある情報の販売・決済支援のポータルサイト 副業出版
住まい&暮らしの情報
Add to Google Yahoo!ブックマークに登録
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。