価値ある情報の販売・決済支援のポータルサイト 副業出版
人気ブログランキング応援ポチッとお願いします お越しくださり、ありがとう御座います

ポテチの手

パソコンを操作しながら、ポテトチップスを食べると、マウスやキーボードに油や青のりが付着し、「テカテカ」になってしまう。だけども時間がもったいないから、パソコンで作業をしながらポテチを「ながら食べ」がしたい!
そんなジレンマを抱えるネットユーザーのための商品が、ネット上で高い注目を集めています



その商品の名は、「ポテチの手」。タカラトミーが、「TOYフォーラム2010」にて参考展示したもので、ポテトチップス専用のマジックハンドとなっています

誰もが簡単に使用できる様に開発されており、割れやすいポテチでも適度な圧力でつまめるように「NBCS」と呼ばれるクラッチ機構を採用した優れもの

薄色の「しおタイプ」

茶色の「コンソメタイプ」

緑色の「のりしおタイプ」

この3種類が、今年6月に発売される予定だ。「これ欲しい!本読みながらでも使えるし」「人類の英知もここまで来たか」「こういうどうでも良いところに全力なのが馬鹿っぽくて良い」「右利きの人が右でマウスいじってると左手で箸を使うのが困難だから・・・ほしい」

などと、この画期的な商品を絶賛するユーザーも多く、6月の発売が待たれるばかりだ




人気ブログランキングへ
人気ブログランキング応援お願いします
posted by sk2126 at 16:57 | 雑記

絶滅危惧種が発見されたテストコース開発予定地

「絶滅危惧種が発見されたテストコース開発予定地」

週刊東洋経済1月30日号のコラムに掲載されていた記事です。今年の10月に、生物多様性条約のCOP10が開かれます。COPは、気候変動枠組み条約でも使われていますが、こちらの条約会議もCOPです

さて、そのCOP10は日本の名古屋市が開催地なのですが、名古屋市は、「SATOYAMAイニシアチブ」を提案する予定にしています

日本の伝統的な里山にみられる自然と人間の生活の調和をモデルにした自然共生社会を目指そうということです。ところが、トヨタ自動車がテストコースに開発しようとしていた

名古屋市から岡崎市にかけての広大な里山地帯に絶滅危惧種が生息していることがわかり、環境NGOが開発に反対しています。このテストコースの開発は、トヨタ自動車が強引に進めているものではなく、地元の愛知企業庁が用地を買収しているものです

実は、このあたりは過疎地であったので、農地が荒れ放題で、里山の危機でもありました。そこにトヨタ自動車がテストコースを開発して雇用を生み出すという計画でした

ところが、絶滅危惧種が見つかったため、突然、地域活性化の救世主であったトヨタ自動車は、環境破壊を進める企業として環境NGOの攻撃に見舞われています

さて、トヨタ自動車は、この難局をどのように解決するのか?というのが注目を集めています。それにしても、企業誘致を受けてやってきたら、突然悪者にされてしまう

実は、これも環境問題のリスクなんですね。工場の開発地域や周りの生態系にまで気を配らねばならない時代になったのです。言い方は悪いですが、昔とは違います。法律を守っているから、だけでは通用しません 人気ブログランキングへ
人気ブログランキング応援お願いします
posted by sk2126 at 11:28 | 雑記

ネパールで自転車リキシャが再評価

タワーマニアのたわごと(タワー言)

ネパールで自転車リキシャが再評価 エコな乗り物として観光客にも大人気

ネパールで自転車が引くリキシャが再評価されている。政治的混乱が続く同国では、ネパール共産党毛沢東主義派による抗議デモやゼネストが昨年5月以降頻発し、交通がたびたび遮断されるが、そんな中でも運行可能な乗り物として市民に重宝がられている

また、環境にやさしい乗り物として外国人観光客にも大人気だ。昨年12月のゼネスト時には主要道路が封鎖され、救急車両を除く一般車両は運行を禁止された

そのため徒歩が困難な距離を移動する人などに自転車リキシャはひっぱりだこ。閑散とした道路をすいすいと走る

首都カトマンズでリキシャを引くクリシュナ・タパさん(23)にとって、ゼネストは「一番の稼ぎ時」だ。自転車リキシャの料金はもともと言い値だが、ゼネストの時は普段の2〜3倍でも客は納得するという

1キロ50ネパール・ルピー(約65円)と公言するタパさんだが、ゼネスト時は約3キロ先に行きたい男性客に500ネパール・ルピーを要求することも

一方、自転車リキシャは“エコな乗り物”としても注目されている。世界最高峰エベレスト(中国名チョモランマ)のあるヒマラヤの山岳国ネパールでは、温暖化による氷河融解で氷河湖が決壊する恐れがある

昨年12月初めにはエベレストで閣議を開き、温暖化に警鐘を鳴らした。カトマンズ市内も増加する自動車の影響などで大気汚染が深刻化し、マスクの着用が一般的になっているほど

「ヒマラヤの大自然に触れた外国人観光客はエコに熱心で、(自転車リキシャは)物珍しさもあって受けている」とタパさんは話す

英国への留学から休暇で帰国した学生サントシュ・スバさん(26)は「古い様式の乗り物だが環境にやさしいのが一番」。自転車リキシャの評価はうなぎ上りだ
〔共同〕

自転車であれば化石燃料は不要である。渋滞等を考えた場合、近距離であれば時間短縮も可能である。ただ日本で適用しようとした場合にその担い手(運転手)が限られてくることや

交通事情、特に地下鉄網が発達している東京都心ではなどが現状では普及は難しい。自転車リキシャを普及させるためには曜日限定で車の進入を規制して、自転車リキシャなどのような人力のもののみにすることも面白い

タワーマニアのたわごと(タワー言) 人気ブログランキングへ
人気ブログランキング応援お願いします
posted by sk2126 at 11:43 | 雑記

WEBで収入と創作を加速させる方法!3つのコンテンツ制作法』
価値ある情報の販売・決済支援のポータルサイト 副業出版
住まい&暮らしの情報
Add to Google Yahoo!ブックマークに登録
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。