価値ある情報の販売・決済支援のポータルサイト 副業出版
人気ブログランキング応援ポチッとお願いします お越しくださり、ありがとう御座います

キャリメール

キャリメールをご存知ですか。キャリメールとは20代、30代の方を対象としたキャリア・コンサルティングサービスです。仕事上の質問に答えるだけでなく、「今の仕事がつまらない」「やりがいを感じられない」「話を聞いてもらいたい」という漠然とした悩みの相談も受け付けています

もちろん相談無料で、メールカウンセリングが受けられるんです。仕事て一生付いて回るものですよね、だからこそ真剣に悩んだり、考えたりするのです

解決方法は人それぞれですが、私なんかの場合は、仕事終わりに飲み屋に寄って熱いディスカッションです。どうすればもっと良い仕事が出来るか。如何すればもっと喜ばれるか。そんな事を熱く語るのが好きです

しかし同僚、先輩・後輩の中には、お前はしつこくて嫌。と言う人もいますし、そもそも付き合ってくれない人もいます、当然ですが

私は別にそれでも平気ですが、人によると悩みを抱え込み誰にも相談出来ずに居る人も見受けられます。私もそうだ。なんて思う方は一度キャリメールのメールカウンセリング利用して見てはいかがでしょうか

これが正解だ。これが正しい。なんて事はこの世に有りません、人それぞれ。会社や地域や年齢により幾つもの答えが有ります。だから凝り固まらず、利用できる物はどんどん利用し、自分のキャリアを磨いてください

せっかく相談無料でメールカウンセリングが受けられるので利用しない手は有りません。試しにどんな物か、軽い気持ちでも今の彼方に大切な事が見え、切り開ける事も有るのではないでしょうか 人気ブログランキングへ
人気ブログランキング応援お願いします
posted by sk2126 at 12:00 | 雑記

大野病院事件がもたらしたもの

今医療の現場で注目を集める公判が有ります

今月20日(2008/8/20)に判決が下される

福島県立大野病院事件です、この事件の明細は

「2004年12月、帝王切開手術中の女性を、子宮に癒着した胎盤のはく離による大量出血で失血死させたとして、当時の産婦人科医長、加藤克彦被告が業務上過失致死などの罪に問われて06年に逮捕・起訴された事件」です

この事件が切っ掛けで医療の現場は今崩壊へと確実に向かってます、

良い悪いは別にして医師不足や医療関係者の過酷な

重労働など問題は山済みで、福島県などでは大野事件の影響で

分娩の取り扱いをやめた施設が13施設あるなどで

県内の産科医療の崩壊が進みつつあると言われています



また他の病院や施設などでも訴訟リスクを懸念する医師らが臨床現場を離れ

重症患者を引き受けなくなる委縮医療を招いているとの指摘も言われてます

このままでは「医療を受けられなく時」が何時訪れても不思議では無いでしょう

出来るだけ自分の身は自分で守る事が大事に成ってきます

そこで保険です、こんなサイトを見つけました

生命保険
社会保険
国民健康保険

私達は自分で医療を施す事は出来ませんが、医療施設を選ぶ事は

出来ます、そんな時に必ず必要なものは、お金です

そんな万が一の時の為に、日ごろからの心がけが大切です




日本電波ニュース社報道部真々田弘氏の言葉

救急医療に関するドキュメンタリー番組の制作などを手掛ける真々田氏は、「現場を見ることが取材に対する姿勢」と語った

07年6月に6人の内科医が一斉退職した大阪府の病院を半年間取材した。取材の過程で、医師の不足や過重労働の問題などを理解した。真々田氏は、「(この病院の)事務長も状況を変えたいと思っていたが、医者を守るために救急外来を制限しようとしても住民や議会が敵に回った。毎年経営を改善しても、市からの繰越金が年々減っていた。市長が怒鳴り込んで院長を叱る声が患者にも聞こえてくる。これでは医療者も逃げてしまうと思った」と、取材の感想を述べた

人気ブログランキングへ
人気ブログランキング応援お願いします
posted by sk2126 at 15:23 | 雑記

WEBで収入と創作を加速させる方法!3つのコンテンツ制作法』
価値ある情報の販売・決済支援のポータルサイト 副業出版
住まい&暮らしの情報
Add to Google Yahoo!ブックマークに登録
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。